バルカノス製作補助ページ

このページは組立説明書内では説明し難かった補助的な事を書いています。

基本は添付の組立説明書をよく読んで製作に取り掛かってください。

 

基本的な下準備、工作方法は

ザボーガー、レディローゼスを同じですので

そちらの補助ページを参考にしてみて下さい。

 http://basil0619.web.fc2.com/zabohojo001.htm
 http://basil0619.web.fc2.com/ladyhojo.htm

可動部の3mm軸部分は補強の為に1mmドリルで開口し

付属の1mm洋白線を挿し込みます。

ペンチ等で3mm軸付け根よりも深く差し込み

ニッパーでカットします。

カット後は模型用の鉄ヤスリで軽く整えて下さい。

 Oリングは完全に溝にセットするために

ドライバーの軸やペン等の側面で押し込みます。

全体がきちっとはまったら瞬間接着剤を流し込みます。

 Oリングの穴にも瞬間接着剤を軽く垂らします。

楊枝等でのチョン着けで大丈夫です。

そうしたらしばらく硬化するまで放置しておきます。

完全に硬化したら次の作業に進みます。

ヒジのポリユニット突起は切り取らない様にして下さい。

変形後の固定で使用します。

足関節はネジで固定、可動します。

大体の位置にヒザパーツを移動したあと

1mmドリル等の穴よりも細いモノで

穴の位置を探します。

位置が正しければネジを締めていきます。

パーツの歪み、穴開けの歪み等で

変形時キッチリはまらない場合がございます。

パーツの歪みはお湯に漬けて直す事が可能です。

穴を開ける時はヒザ、くるぶし等のラインが

並行になる様に心掛けてください。

若干の歪みがどうしても出てきますので

穴開け時の微調整と穴開け後のお湯での変形調整で

歪みを補正してください。

最初に1mmドリルで両側から開口していきますが、

その時に図の様に平行になる様に、径が細いうちに

調整してからドリルを太くします。

前輪固定パーツのこの部分はネジの先端がはみ出さない様に

してください。

肩パーツの基部は組立後にポリユニット軸を

カッターナイフで切断します。

この部分は穴開けの径を間違えない様にしてください。

説明書を見て方向、位置を確認の上、開口してください。

12mmネジはこの位置まで締めておきます。

中心の10mmネジで固定する時に

両サイドの12mmネジも締めます。

この形まで組んで準部をしておきます。

ボディ部に先ほどのパーツを固定します。

ネジの先端が出ない程度まで締めます。

次に背中の部分をセットしまたネジの先端が出ない程度まで

締めます。

そして先ほどの頭、首パーツを最後にセットします。
そして最後に肩アーマーを取り付けます。

足の付け根パーツは説明書通りに開口した後に

ボールジョント基部をセットし

横から1.5mm穴をボールジョイント軸に開けます。

基本的にパーツ同士は瞬着で接着せず、

後から分解しやすい様にしておいてください。

緩いパーツ同士の場合は瞬着で

軸を太らせるか、穴の側面に瞬着を塗って狭めるかし

完全に硬化してから組み立てください。

早過ぎると完全に接着してしますので注意してください。

完成!お疲れ様でした!

TOPへ戻る

inserted by FC2 system